BISHOKU.jpg

お取り寄せ・実食レポート!

こちらのコーナーでご紹介する情報は、すべて実際にお取り寄せまたは店舗購入し、実食した結果に基づくものです。ぜひ、お取り寄せ等される際の参考になさってみてください。

洋菓子 ■ チーズケーキ ■ ロールケーキ ■ バームクーヘン ■ ラスク ■ シュークリーム ■ クッキー

和菓子 ■ 和菓子(餅菓子) ■ おせんべい ■ パン ■ ドーナツ ■ スナック菓子 ■ 乳製品&ジャム

酒&ドリンク ■ 麺類 ■ 調味料 ■ 海産物 ■ 肉&食肉加工品 ■ 野菜&果物 ■ お惣菜&その他

【ご紹介した商品の中には、お取り寄せできないものもございます】


2009年12月21日

美食なソウル満喫旅行記★4日目(2)金浦空港出発

時間通りにガイドさんがお迎えに来てくださり金浦空港まで車で行きました。

ソウルに到着した時の方々と一緒でした。
 
ガイドさんがチェックインの手続きまできちんとサポートしてくださいました。

金浦空港にはショッピングモールがあるので、洋服を見たりして時間をつぶすことができます。

映画館もありました。

細く切ったサツマイモを揚げたスナックを購入。

芋けんぴの甘くないバージョンという感じです。

IMG_7372 (2).JPG

その後出国ゲートへ。

新羅免税店のカウンターで控えを見せて、
「ランコム」のリップグロスと「バリー」のバッグを受け取ります。

IMG_7382 (2).JPG

IMG_7622 (2).JPG
コスメの詳細♪
『ランコム』の『カラーフィーバーグロス』。
ランコムのシンボル「バラ」が描かれた、スタイリッシュな容器のリップグロス。
162番(シークレットピンク)は、パールがたくさん入った薄いピンク色。
ハート形のチップが唇にぴったりとフィットし、簡単につけたい量を調節できます。
ランコム カラーフィーバーグロス


IMG_7383 (2).JPG

小銭が860ウォンあったので3ドルの「あわび粥」を購入し、
足りない分をクレジットカードで支払い小銭を使い切りました。

IMG_7381 (2).JPG

IMG_7423 (2).JPG

IMG_7432 (2).JPG

そのころ羽田空港付近では台風が接近中なので、
「羽田空港に着陸できない場合にはセントレアか関西国際空港に着陸する可能性があります」、
とのアナウンスが・・・

また、12時55分発の予定が少し早めに出発することになるかもしれないということです。


結局数分早めに出発。

IMG_7377 (2).JPG

機内食のメニューはご飯、ビーフシチュー、サラダ、チョコレートケーキ。

おつまみパックは往路と同じものでした。

IMG_7378 (2).JPG

IMG_7379 (2).JPG

羽田空港に近づくとだいぶお天気があやしくなっていましたが、なんとか無事着陸。

ほぼ予定通りの14時55分に到着することができました。

飛行時間は約2時間です。


「また近々韓国に来ることがあるかもしれない」と思い、
ウォンをそのまま持っていようかと考えていたのですが、
結局羽田空港にある「新韓銀行」で両替をしました。

119,000ウォンが8,671円にしかなりませんでした、ガッカリ。

現金はできるだけ現地で使い切りましょうね。

このソウル滞在4日間で現金を約20,000円、クレジットカードで数万円使いました。

そのほかに羽田空港までの交通費と、
旅行代金ひとりあたり約68,000円かかりました。
(羽田空港旅客サービス施設使用料および現地空港諸税合計4,170円含む)


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報

posted by 香遊&悠遊 at 10:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月20日

美食なソウル満喫旅行記★4日目(1)グランド・ハイアット・ソウルB

今朝は10時10分にガイドさんとロビーで待ち合わせ予定です。

朝、7階のエレベーターホールから見た「Nソウル・タワー」。

漢江側じゃないお部屋はこの景色が見えているのかな。。。

IMG_7349 (2).JPG

「ザ・テラス」の朝食はビュッフェで30,000ウォン。

IMG_7123 (2).JPG

昨日食べ過ぎて今朝はガッツリ食べられそうもないので、
デリでテイクアウトしてお部屋で食べることにしました。

お洒落なデリ。

IMG_7122 (2).JPG

IMG_7348 (2).JPG

支払いを現金でしようとしたら、
店員さんが「お部屋チャージにすると税金がかからない」と教えてくれたので、
レシートにルームナンバーを記入してチェックアウトのときに精算することにしました。

デニッシュ生地のレザン(1,600ウォン)とチョコクロワッサン(1,600ウォン)、
マロン食パン(4,000ウォン)、あんパン(2個)(2,800ウォン)、
クランベリーチョコチップマフィン(1,500ウォン)を購入。

IMG_7350 (2).JPG

丸ごとの栗がゴロゴロ入った食パンはブリオッシュ生地でフワフワ。

あんパンは黒餡か白餡のどちらかを選ぶことができ、黒餡が人気だというのでそちらにしました。

2個セットで売られています。

マフィンはシロップ漬けの丸ごとクランベリーがこれまたゴロゴロ入っています。

デニッシュ系はサクサク感が足りないのであまりおススメできませんが、
マロン食パンやマフィンは想像以上にレベルが高くて美味しい♪

IMG_7351 (2).JPG


大きすぎるかな?と思いながら持ってきたスーツケース2個にお土産を全部収めました。

IMG_7399 (2).JPG

IMG_7404 (2).JPG

少し余裕が残りました。


その後ホテル周辺を散策しました。

IMG_7353 (2).JPG

IMG_7354 (2).JPG

近くにあるケーキブティック。

IMG_7355 (2).JPG

コンビニ。

店先にはテーブルと椅子が置いてあり、くつろいでいる人も。

IMG_7357 (2).JPG


部屋に戻り荷物を持ってチェックアウトの手続きをしました。

デリのパンの代金は11,500ウォンでした。

もちろん税金は加算されていません。

待ち合わせの10時10分まで30分ほど時間があったので、
「ロビーラウンジ」のアイスクリームが美味しいらしいので最後に食べることに。

こちらのラウンジには芸能人もよく現れるようです。

マンゴーアイスクリーム(15,500ウォン)をオーダー。

トッピングは生マンゴーのスライスとローストされたスライスアーモンド。

IMG_7368 (2).JPG

朝から贅沢にピアノの生演奏をやっていました。

サービスチャージが1,550ウォン、税金が1,705ウォン加算されるので合計18,755ウォンでした。

美味しかったけど、高っ!


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報



posted by 香遊&悠遊 at 16:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月19日

美食なソウル満喫旅行記★3日目(6)狎鴎亭

鳥山大路を歩いて狎鴎亭洞へ向かいます。

1.5kmほど歩いたところに、新羅ホテルが経営するお洒落なカフェ「アティジェ」がありました。

IMG_7290 (2).JPG

そこを左に折れて進むと、ヨン様出資のオーガニックレストラン「ゴリラ・イン・ザ・キッチン」。

IMG_7291 (2).JPG

突き当たりは「島山公園」。

IMG_7294 (2).JPG

「Olivethey」という洋服と雑貨のお店で1,000ウォンで買ったカットソー。

取り外し可能なリボン付き。

IMG_7308 (2).JPG

人気モデルがプロデュースしたトレーニングウェアのお店「ウードゥリ」。

パイル地で肌触りのよいスウェットがたくさん。

IKKOさんもおススメのお店。

IMG_7295 (2).JPG

この後「ロデオ通り」へ。

ロデオ通りから細い道に入ったところで見つけた、
カナダ発のフライドポテト専門店「ニューヨークフライズ」。

ポテト(スモール)(3,100ウォン)、トッピング(1,000ウォン)。

トッピングはチーズをオーダーしましたが、ケチャップと辛いソースをサービスしてくれました。

IMG_7296 (2).JPG

スタンドカフェで買った「ワッフル」(1,500ウォン)。

「ヨーグルトアイスか?クリームか?」と聞かれました。

クリームを選びキャラメルソースもサンドしてもらいました。

ふわふわかと思いきや、カリカリ、サクサクの食感。

IMG_7297 (2).JPG


狎鴎亭路からタクシーでホテルに帰ります。

途中、漢江に架かる「盤浦大橋」を通りました。

この橋は世界一長い橋の噴水「月光虹の噴水」で有名。

長さ570mの橋の両側に設置された380個のノズルから、
虹色にライトアップされた噴水が20m下の漢江に美しい半円を描いて落下するそう。

約20分間音楽にあわせて噴水ショーが1日何回か行われています。

夜は特に華やかできれいらしいですが、残念ながら通った時にはやっていませんでした。

IMG_7298 (2).JPG

タクシー代は7,100ウォンでした。


ライトアップされたプールのまわりはレストランになっていて、バーベキューなどが楽しめるようです。

IMG_7303 (2).JPG

江南の夜景もきれいです。


気が付くとこんなにたくさんのお買物。

IMG_7282 (2).JPG

こちらはすべて化粧品の「おまけ」でいただいたもの。

IMG_7345 (2).JPG

「おまけ」のなかで気に入ったものをいくつか・・・

「雪花秀」の「滋陰水」。

IMG_7797 (2).JPG
コスメの詳細♪
韓国コスメ、『雪花秀』の『滋陰水』。 
ソウル旅行のお買物のとき「おまけ」でいただいたものです。
同じブランドの「潤燥エッセンス」と香りは同じですが、透明でトロリとした化粧水。
こちらも驚くほどお肌にグングン浸透します。
肌荒れや乾燥の気になる方は、潤燥エッセンスとのダブル使いが理想的ですが、
このローションだけでも十分効きそう。
韓国コスメ 雪花秀


「エチュードハウス」の「スイートアップルエイド・ボディウォッシュ」。

IMG_7796 (2).JPG
コスメの詳細♪
韓国コスメ、『エチュードハウス』の『スイートアップルエイド・ボディウォッシュ』。
ソウル旅行のお買物のとき「おまけ」でいただいたものです。
マルチフルーツエキス配合のジェル状ボディーソープ。
マルチフルーツエキスは角質を効果的に取り除く働き。
またりんご成分はお肌の老廃物を除去し、肌ストレスを緩和してくれるそう。
きめの細かい泡がたち、青りんごの爽やかで甘い香りに包まれます。
韓国コスメ エチュードハウス


「スキン・フード」の「フレッシュジュースCセラム」。

IMG_7798 (2).JPG
コスメの詳細♪
韓国コスメ、『スキン・フード』の『フレッシュジュースCセラム』。
ソウル旅行のお買物のとき「おまけ」でいただいたものです。
美白をサポートするエッセンス。
ビタミンCとアルブチンを配合しています。
においはほとんど無くさっぱりした使用感。
洗顔後化粧水でお肌を整えた後に使用します。
韓国コスメ スキン・フード


また韓国に行くことがあったらぜひ購入したいと思います。


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報
posted by 香遊&悠遊 at 11:47 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

美食なソウル満喫旅行記★3日目(5)カロスキル

ホテルからタクシーで漢南大橋を渡り江南へ。

IMG_7284 (2).JPG

新沙洞にある街路樹通り「カロスキル」に到着。

タクシー代は5,700ウォンでした。

銀杏並木の続く650mほどの道を現代高校側から鳥山大路の方へと向かいます。

工事中の場所も多く、日曜日だったのでお休みのお店も多かったです。

IMG_7285 (2).JPG

「ミリメーター・ミリグラム(MMMG)」。

美大出身のデザイナー8人ではじめた文房具や雑貨のお店。

日本の雑貨屋さんでよく見かけるマトリョーシカのカードが有名ですね。

IMG_7286 (2).JPG

洋服や靴、アクセサリーまでそろうショップ「103」。

IMG_7287 (2).JPG

アクセサリーショップ「dami(ダミ)」。

竹内結子さんが表紙の「CREA」の「トクする韓国」でも紹介されています。

IMG_7288 (2).JPG

「コーヒースミス」。

通りに面して壁がなく全面オープンなカフェ。

賑わっていました。

IMG_7289 (2).JPG

「クォン・サンウ」夫妻も訪れるという「モダンパプサン」は、気が付かず通り過ぎてしまいました。

豆乳麺の「コングクス」が美味しいらしいです。


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報




posted by 香遊&悠遊 at 13:00 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

美食なソウル満喫旅行記★3日目(4)明洞A

再びやってきました、明洞〜

午後になって混雑がさらに激しくなっています。

IMG_7268 (2).JPG

まずは「スキン・フード」へ。

免税店にはなかったヘアパックを買いに行きます。

IMG_7267 (2).JPG

「モイスチャーエッグ・ヘアパック」(6000ウォン)。

IMG_7341 (2).JPG
コスメの詳細♪
韓国コスメ、『スキン・フード』の『モイスチャーエッグ・ヘアパック』。
粒々が入ったこってりしたクリーム状のトリートメント。
ハチミツをかけたパンケーキのような甘い香り。
においはあまり好みではないですが、しっとりツヤ髪に・・・
韓国コスメ スキン・フード



若い女の子たちの間で人気のショップ「スーパーマーケット」。

日本の雑誌にも度々登場の流行の先端をいくブランド。

IMG_7269 (2).JPG

女性誌「Oggi」専属モデル、ヨンアさんおススメのショップ「異色衣」。

デザインから販売までお店のスタッフがすべてこなす、こだわりのブランドだそう。

ベーシックだけどデザイン性のある服をそろえるこぢんまりしたお店。

IMG_7271 (2).JPG

「明洞餃子」1号店。

本店も近くにあります。

営業時間は10時30分〜21時30分まで。

中に入ると、夕方4時頃という中途半端な時間にもかかわらず1階にも2階にも行列が。

でも回転が速いので待ち時間は短いです。

IMG_7275 (2).JPG

「カルグクス」(7,000ウォン)を注文し、注文と同時にお金を支払いました。

長時間煮込んだ鶏をベースにしたとろみのあるスープに、自家製麺がよく絡みます。

麺の上には鶏ミンチやワンタンのトッピング。

替え玉は無料です。

蒸し餃子の「マンドゥ」(7,000ウォン)も注文している人もたくさんいました。

IMG_7272 (2).JPG

改装中だった「神仙ソルロンタン」。

ソルロンタンは牛肉の骨付き肉を煮込んだスープのこと。

IMG_7276 (2).JPG

「ミスタードーナツ」のスイートポテトファッション。

プレーン(1,300ウォン)とセサミ(黒ごま)(1,400ウォン)。

サツマイモをクラッシュしたものが練り込んであり、サツマイモの甘い香りが美味しさを倍増させます♪

黒ごまのタイプは大学芋を連想させる味。

IMG_7307 (2).JPG

IMG_7389 (2).JPG

日本からは撤退してしまった「ダンキンドーナツ」。

持ち帰りやすいベーグル(1,500ウォン)、プレーン味とブルーベリー味を購入。

ひとつ温めてもらって店内でも食べました。

IMG_7306 (2).JPG

コンビニで買った、みたらし団子のあんのようなものが中に入っているパン(8個入り1,000ウォン)。

フライパンに油を熱し塩を少々ふり入れ、パンの両面がカリッとするまで焼くと美味しいです。

IMG_7314 (2).JPG

同じくコンビニで購入した「チャルトッパイ」(7個入り)。

チョコクリームをお餅でくるんでチョコレートでコーティングしたお菓子。

IMG_7312 (2).JPG

IMG_7400 (2).JPG

「明洞汗蒸幕」の前を通ると、日本の芸能人の写真がたくさん飾ってありました。

眺めていると中から中年の男性が出てきてクーポン券をくれました。

ミリオレ前17時20分発のシャトルバスでホテルに戻ります。


こんどのお部屋は7階です。

2つ階が上がっただけですが、真下に屋根がないのでプールがとてもよく見えます♪

IMG_7277 (2).JPG

IMG_7278 (2).JPG

昨日までのお部屋は右に見える屋根のすぐ上にありました。

IMG_7279 (2).JPG


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報

posted by 香遊&悠遊 at 10:33 | 東京 ☁ | Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

美食なソウル満喫旅行記★3日目(3)グランド・ハイアット・ソウルA

ミリオレのところから地下道を通り反対側に渡ります。

ホテルのシャトルバスが毎時20分にここを通るので、
13時20分発のバスに乗ってホテルに戻りました。

今日は部屋を移動する日ですが、まだ新しいお部屋の準備ができていないということ。

傘をお返しし荷物を預かってもらい、バスの時間までホテルの中を探索することに。

江南の方まで見渡せる眺めのよい広々した屋外プール。

数え切れないほどの数のデッキチェアが並びます。
  
IMG_7258 (2).JPG

IMG_7259 (2).JPG

IMG_7260 (2).JPG

室内プールもあります。

小さな子がたくさん遊んでいました。

IMG_7261 (2).JPG

階下には高級クラブとして有名な「JJマホニーズ」。

IMG_7263 (2).JPG


14時ホテル前発のシャトルバスに乗って、再度明洞を目指します。

バスはシートも高級で快適です。

IMG_7264 (2).JPG

IMG_7265 (2).JPG

梨泰院駅の方をまわりますが、途中にはたくさんの豪邸が。

ガイドさんがおっしゃるにはセコムに入っているのがお金持ちの証だとか。

IMG_7257 (2).JPG

IMG_7356 (2).JPG

韓国らしいレンガ造りの家も。

IMG_7266 (2).JPG


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報





posted by 香遊&悠遊 at 21:06 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

美食なソウル満喫旅行記★3日目(2)明洞@

歩いて明洞の繁華街へ。

IMG_7253 (2).JPG

韓国風のり巻きのお店「キムガネ」。

店内は地元の人で賑わっていました。

道路から「キンパッ」を作る様子を見ることができます。

IMG_7249 (2).JPG

「キムガネキンパッ」(1本2,500ウォン)をテイクアウト、たくあん付き。

IMG_7299 (2).JPG

IMG_7301 (2).JPG

すぐ近くの路地にある「ロティボーイ」。

IMG_7250 (2).JPG

一番人気のバター入り「ロティボーイ」(1,800ウォン)をテイクアウト。

2007年に韓国上陸以来人気の、シンガポール発「世界で一番おいしいパン」。

表面はコーヒー風味のクッキー生地で、
ふんわりとしたパンに溶けたバターの塩味がアクセントになっています。

IMG_7305 (2).JPG

IMG_7388 (2).JPG

お腹が空いていたら食べたかった「ウォンダンカムジャタン」。

カムジャタンは骨付き豚肉入りの辛いスープにじゃがいもなどの具をたっぷり入れた鍋料理。

IMG_7251 (2).JPG

お休みだった「ホボントースト」。

野菜入り卵焼きを自家製ジャムとケチャップで味付けした、
ホットサンドの「ホボントースト」が一番人気。

IMG_7252 (2).JPG

仁寺洞で見つけたお餅のお店「bizeun」もありました。

昨日購入したお菓子が美味しかったので、
スイートポテト入りのお餅(800ウォン)を購入しました。

IMG_7300 (2).JPG

お土産用に日持ちしそうな飴(12,000ウォン)も購入。

ナッツが練りこんであったり生姜風味だったり、薬膳ぽい味がしてどれも体に良さそう。

IMG_7319 (2).JPG

2階にある「Yeonカフェ」で、珍しいきなこソースのかかったカキ氷(8,000ウォン)を食べました。

「bizeun」で売られている柔らかいお餅がトッピングされていました。

IMG_7255 (2).JPG

地下には「食べる韓国2泊3日完全ナビ」でエビ粥が紹介されていた、
素材にこだわったお粥のお店「薬泉」があります。

IMG_7254 (2).JPG
 
荷物も両手いっぱいになり、雨が止み傘も必要なくなったので、
一度荷物を置きにホテルに戻ることにしました。


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報



posted by 香遊&悠遊 at 22:58 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(2) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

美食なソウル満喫旅行記★3日目(1)ロッテ百貨店本店

今日はお部屋を移動することになっているので、フロントにスーツケースを預けます。

朝から雨が降っていたのでホテルで傘を借りました。

とても大きくて丈夫そうな傘でした。



ホテル玄関からタクシーで「東邦参鶏湯(トンバンサムゲタン)」へ。

「IKKOのキレイを磨くin韓国」と「食べる韓国2泊3日完全ナビ」の両方で紹介されています。

開店とほぼ同時に到着、タクシー代は5,100ウォンでした。

場所は「ウェスティン朝鮮ソウル」のある交差点の近く、
「冬のソナタ」の撮影場所として有名な「ソウル・プラザ・ホテル」も近くにあります。

IMG_7240 (2).JPG

清潔感あふれる店内。

生後50日目の鶏のみを使用し、朝4時から仕込んでいるそう。

IMG_7235 (2).JPG

通常の「参鶏湯」(11,000ウォン)を注文。

紅人参の参鶏湯(16,000ウォン)もあります。

化学調味料は使われておらず、自然のうま味がスープに広がっています。

美味しい天然塩が各テーブルにセットされているのでお好みで味を調節します。

雨で少し肌寒かったのですが、体がポカポカになりました。

IMG_7236 (2).JPG

IMG_7238 (2).JPG

IMG_7239 (2).JPG

<東邦参鶏湯>
場所:ソウル市中区北倉洞42−2
営業時間:9時〜22時30分
休:旧正月、旧盆



お店を出てすぐ地下道に入り小公地下商店街を通り抜け、「ロッテ名品館」のところから地上に出ます。

1日目に来たロッテ免税店の看板のある通路を横切り、「ロッテ・ホテル・ソウル」の正面玄関へ。

IMG_7243 (2).JPG

ホテルの中をさっと見学し、10時半開店の「ロッテ百貨店」へ。

ロッテ免税店は9時半から開いています。

ホテルの地下1階とロッテ百貨店の地下1階は連絡通路でつながっているので便利。


以下が購入した品々です。

● スタミョン(5袋セット3,300ウォン)

辛いインスタントラーメン、5袋セットに1袋おまけ付き。

手打ちを名乗るだけあって麺にコシがあります。

IMG_7315 (2).JPG

IMG_7422 (2).JPG

IMG_7387 (2).JPG


● ヘバラギ(22g入り420ウォン)

ヒマワリの種をチョコレートでコーティング。

IMG_7316 (2).JPG

IMG_7424 (2).JPG


● ストーンチョコ(420ウォン)

パッケージも可愛く、お土産におススメ!

IMG_7317 (2).JPG

IMG_7425 (2).JPG


●オジンオタンコン(2,250ウォン)

ロングセラーのイカの風味のピーナッツ入りスナック。

サクサク感にちょっと欠けるかも。

IMG_7313 (2).JPG

IMG_7428 (2).JPG


●皇室のり(2,200ウォン)

2袋買いました。

出来立てをその場で袋詰めし、ラップでグルグル巻いてくれます。

IMG_7328 (2).JPG


● キムチ(1,350ウォン)

こちらは海苔よりも激しくラップでグルグル巻きに。

IMG_7329 (2).JPG


● チゲの素

チゲ1袋に水1/2カップを加え煮立たせ、豆腐400gを加えます。

お好みで長ねぎ、玉ねぎ、アサリ、玉子などを入れ4〜5分煮ます。

本格的な味。

IMG_7318 (2).JPG

IMG_7504 (2).JPG


大きな箱で大きな唐辛子が売られていました。

IMG_7244 (2).JPG


1日目にチェックしておいた11階の冷麺のお店「ユウォンジョン」へ。

時間が早いのでまだ空いています。

IMG_7248 (2).JPG

ビビン冷麺と水冷麺のセットにエイの刺身をプラス(9,000ウォン)。

これを2人でシェアしました。

細麺なのにコシがあって両方とも美味しく、日本ではなかなか出会えそうもない味♪

お水と一緒に最初に出てきたスープも美味しい。

店内にはモニターがあり厨房を写していました。

こんな配慮も嬉しいですね、安心してお料理をいただくことができます。

IMG_7246 (2).JPG

IMG_7247 (2).JPG


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報




posted by 香遊&悠遊 at 21:24 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

美食なソウル満喫旅行記★2日目〜1日市内観光〜(7)東大門市場

すでに時間は夜の8時をまわっていましたが、
夜も眠らない街東大門(トンデムン)市場へと向かいます。

李氏朝鮮時代ソウルを取り囲んだ城壁の、
東西南北に設けられた大門のうちのひとつである東大門(正式名は興仁之門)。

清渓川に架かる五間水橋近くから撮影。

IMG_7219 (2).JPG

五間水橋から清渓川沿いの遊歩道に下りてみます。

清渓川はソウル中心部を流れる全長約8kmの河川として現在全部で22の橋が架けられています。

ときおり噴水も上がり、楽しそうに寛いでいる人々がたくさん。

壁画もありライトアップされきれいに整備されています。

IMG_7223 (2).JPG

ポドゥル橋から階段を上り道路に出て市場を横切り「ミリオレ東大門」の方へ向かいます。

途中にあった、2008年にオープンの韓国初の百貨店型ファッションモール、
「CERESTAR(ケレスター)」。

入口前に広がる野外広場の特設舞台に設置された、
高速回転するアトラクションを楽しむ人々ですごい熱気。

IMG_7224 (2).JPG

「ザ・フェイスショップ」東大門店でショッピング。

IMG_7226 (2).JPG

「ジュエルセラピー プロテクティング セラム」(6,500ウォン)。

IMG_7337 (2).JPG
コスメの詳細♪
韓国コスメ、『ザ・フェイスショップ』の『ジュエルセラピー プロテクティング セラム』。
黒真珠、ダイアモンド、紫水晶、トルマリン、ジェードの、5種類の宝石成分配合。
ドライヤーをかける前の髪になじませます。
痛んだ髪に潤いを与えてくれます。
韓国コスメ ザ・フェイスショップ


「マニキュア」(1,000ウォン)。

フタがかわいらしく、しかも安いです。

IMG_7343 (2).JPG

「ベースコート」(1,000ウォン)。

ぱっと見マニキュアと区別がつきません。

IMG_7339 (2).JPG

ザ・フェイスショップ店頭でもらったペットボトル入り飲料。

IMG_7231 (2).JPG

「エチュードハウス」東大門店。

エチュードハウスはピンクを基調にした外観、パッケージの可愛らしさ、制服のキュートさなどで、
多くの女性のハートをがっちりつかんでいます。

IMG_7227 (2).JPG

「ハンドブーケ リッチバター ハンド&ヒールクリーム」(7,000ウォン)。

IMG_7335 (2).JPG
コスメの詳細♪
韓国コスメ、『エチュードハウス』の『ハンドブーケ リッチバター ハンド&ヒールクリーム』。 
シアバター5%配合の高保湿クリーム。
この時季欠かせない、かかとにも使えるクリームです。
ベビーパウダーに似た香りがします。
韓国コスメ エチュードハウス


「ハンドブーケ ハンド&ネイルクリーム フリージア&ガーデニア」。

お目当てのローズ&バイオレットが無かったので、次に香りが気に入ったこちらを購入。

IMG_7344 (2).JPG 

「ロールロールスポンジ ネイルリムーバー」(2,000ウォン)。

IMG_7338 (2).JPG

IMG_7401 (2).JPG
コスメの詳細♪
韓国コスメ、『エチュードハウス』の『ロールロールスポンジ ネイルリムーバー』。
容器の内側に巻かれたスポンジに、たっぷり除光液が含まれています。
爪を押し当てクルクル回しながらマニキュアを落とします。
でも困ったことに、爪のフチのあたりの細かい部分は落とせません。
においも強く、スポンジは汚れたままになってしまいます。
もちろんペディキュアも落とせません(笑)
1本だけ失敗して落としたいというときだけは、他の爪がはげてしまうことがなく便利です。
韓国コスメ エチュードハウス


「新羅銘菓(Shilla Cafe)」の「コグマケーキ」(3,500ウォン)をテイクアウト。

日本では見かけないコグマ(サツマイモ)ケーキは、
口の中にふんわりとサツマイモの味が広がる自然な甘さのケーキです。

IMG_7225 (2).JPG

IMG_7233 (2).JPG

約2,000のショップが入る人気ファッションビル「斗山タワー」(通称ドゥータ)。

ミリオレ東大門の隣に建っています。

IMG_7221 (2).JPG

1階にあるコーヒー&ベーカリー「LENTE」のストロベリージュース(4,800ウォン)。

ちょっと高めですが美味しいです。

IMG_7217 (2).JPG

IMG_7216 (2).JPG


ホテルに戻ったのは22時頃でした。

ラウンジではコンサートが催されていました。

IMG_7230 (2).JPG

ホテルの部屋でお財布の中身をチェックすると、現金がかなり余っていることに気が付きました。

明日からはカードは使わないようにしようっと。


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報
posted by 香遊&悠遊 at 21:27 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月12日

美食なソウル満喫旅行記★2日目〜1日市内観光〜(6)新羅免税店

そして次は、「新羅免税店」に向かいます。

昨日のロッテ免税店では下見だけで何も買わなかったので、今日は買う気満々!

ここ新羅免税店ソウル店は地下1階、地上2階の単独ビルで、新羅ホテルと同じ敷地内に建っています。

営業時間は9時30分〜20時、年中無休です。

仁川空港にも支店があります。

屋上には新羅ホテルの評判のスイーツが味わえるカフェ、
「アティジェ」があるのでお買い物に疲れたらここでひと休みするのもいいですね。

こちらの営業時間は10時からです。

IMG_7208 (2).JPG


まずは2階の「雪花秀」へ。

日本から持参の写真つきのプリントアウトした紙を店員さんにお見せし、
「これを下さい。」と日本語で大丈夫でした。

昨日つくった免税店用カードを出して49ドルをクレジットカードで支払いました。

後日請求金額を確認すると4,642円(60ml)でした。

今回購入した韓国コスメの中で1番のお気に入り品♪

IKKOさんの著書「IKKOのキレイを磨くin韓国」でも紹介されています。

梨花さん、平子理沙さんもご愛用とか。

IMG_7334 (2).JPG
コスメの詳細♪
韓国コスメ、『雪花秀』の『潤燥エッセンス』。
「燥」な肌を「潤」にしてくれる漢方エッセンス。
豊富な漢方抽出液が含有された、朝と晩洗顔後のお肌に塗るジェルタイプのエッセンスです。
洗顔後のお肌にびっくりするほどグングン浸透します。
漢方のにおいがプンプンする薄茶色の液体です。
容器は高級感あふれ、フタもピタッと閉まります。
韓国コスメ 雪花秀


おとなりに気になっていた韓国高級ブランドの「O HUI(オフィ)」があったので、
「何が人気ですか?」と尋ねると「日本の方にはこれが人気です。」と言って、
パウダータイプの日焼け止めを見せてくれました。

携帯に便利な容器に入った、お化粧した上に重ねて塗ることができるSPF50の日焼け止め。

季節はもう夏の終わりだったので、とりあえず今回は購入を見送りました。

同じ階の「ランコム」に移動し、リップグロスの「カラーフィーバーグロス」を物色。

迷ったあげく162番(シークレットピンク)を購入。

21ドルをクレジットカードで支払いました。

後日請求金額を確認すると1,989円でした。

こちらは外国製品なので帰国時に空港で受け取りです。

1階に移動し「バリー」で頼まれていたバッグを購入。

こちらも空港受け取りです。

レシートをなくさないようにしないと・・・


韓国コスメを購入するため地下1階へ。

コスメコーナーの店員さんに持参した紙を見せて一緒に探していただきました。

「ザ・フェイスショップ」の「フレボーテ・コラジェニック・コラーゲン70クリーム」(18ドル)。

こちらは今回購入した韓国コスメの中で2番目のお気に入り。

IMG_7340 (2).JPG

IMG_7703 (2).JPG
コスメの詳細♪
韓国コスメ、『ザ・フェイスショップ』の『フレボーテ・コラジェニック・コラーゲン70クリーム』。 
植物抽出エキスを配合し、お肌を引き締めながら潤いを与えてくれます。
コラーゲンも70%含有。
杜仲樹皮エキスがコラーゲンの量の変化に働きかけ、肌に弾力とハリを取り戻せるそう。
かわいらしい薄ピンク色で甘い香り。
伸びの良いコクのあるクリームです。
韓国コスメ ザ・フェイスショップ


「イッツ・スキン」の「セルトックス フィラー EX」(15ドル)。

IKKOさんが「おネエ★MANS」で紹介した人気商品。

今回購入した韓国コスメの中で3番目にお気に入り。

IMG_7333 (2).JPG
コスメの詳細♪
韓国コスメ、『イッツ・スキン』の『セルトックス フィラー EX』。
シワに働きかける美容液。
注射器形でどうやって使うのか迷いそうですが、日本語の説明書きがあるのでわかりやすいです。
化粧水でお肌を整えたあと、1〜2プッシュの分量をとり気になる部分になじませます。
レフィル付き。
韓国コスメ イッツ・スキン


「スキン・フード」の「ブラックラズベリー アイクリーム」(12ドル)。

IKKOさんの著書「IKKOのキレイを磨くin韓国」でも目元にハリがよみがえると紹介されています。

IMG_7336 (2).JPG
コスメの詳細♪
韓国コスメ、『スキン・フード』の『ブラックラズベリー アイクリーム』。
ブラックラズベリー(覆盆子)と、 12種類の韓方薬草から抽出した成分が配合されている、アイクリーム。
化粧水でお肌を整えた後、適量を目の周りにたたきながら浸透させます。
コクのあるクリームで伸びも良いですが、においが独特なので試してから購入したほうがいいかも。
スキン・フードの特徴は、野菜をはじめとしたいろいろな食べ物は、お肌にもいいという点に目をつけて、
食べ物を原料としてコスメに応用しているということ。
「赤ちゃんのようにキレイな肌を守ってくれる」、という意味を込めて天使模様がトレードマークです。
韓国コスメ スキン・フード


「スキン・フード」の「ゴールドキャビア栄養マスクシート」(5袋入11ドル)。

「セルトックス フィラー EX」と並んで3番目にお気に入りです。

IMG_7342 (2).JPG
コスメの詳細♪
韓国コスメ、『スキン・フード』の『ゴールドキャビア栄養マスクシート』。
スキン・フードの中ではやや高めですが人気の高い、「ゴールドキャビア」ライン。
ロシア産キャビア、純金抽出物、コエンザイムQ10が配合されています。
美容液を含んだ上下2枚に分かれたマスクシートを、顔に広げ密着させ10〜15分後はがします。
お肌に残った美容液を指先でよくなじませます。
マスクシートを取り出した後の袋の中にも、まだた〜っぷり美容液が残っているので、
忘れずしっかり使い切りましょう。
香りも良いので使いやすいです。
韓国コスメ スキン・フード


同じ階の土産品売場には、韓国海苔、キムチ、チョコレートなどがありました。

きちんとしたお土産には最適の「オリーブオイルのり」(13ドル)。

IMG_7331 (2).JPG

大きな1箱に小箱3箱入、小箱1箱に8袋入、1袋にのり8枚入です。

香ばしいごま油の香りはありませんが、上品な味で誰からも好まれそう。

IMG_7429 (2).JPG

IMG_7430 (2).JPG


次は、忠武路(チュンムロ)駅近くの韓国伝統食堂「大林亭」で韓国宮中鍋料理とチヂミの夕食。

店内は会社帰りの人たちで賑わっていました。

IMG_7209 (2).JPG
 

この海鮮鍋は辛くないので辛いものが苦手な方でも大丈夫。

このお鍋は中央が深くくぼんでいて、最後にそこにうどんのような麺を入れて食べます。

IMG_7210 (2).JPG

IMG_7211 (2).JPG

今日の食事の中ではこのチヂミが一番美味しかったかも(笑)

IMG_7215 (2).JPG


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報
posted by 香遊&悠遊 at 22:55 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月11日

美食なソウル満喫旅行記★2日目〜1日市内観光〜(5)仁寺洞

そして、楽しみにしていた仁寺洞へ。

途中、明洞にある「ソウル中央郵便局」(通称ポスト・タワー)の前を通ります。

地下には切手の博物館「Korea Stamp World」があります。

IMG_7197 (2).JPG


鐘閣(チョンガク)駅側タプコル公園のそばで車を降りて、メインストリートの仁寺洞ギルへ入ります。

全長800mほどの通りです。

IMG_7198 (2).JPG

少し歩くと左手に現れるホットクの屋台。

鉄板に多めの油を引き、そこにホットクを押し付けて焼いています。

焼くそばから売れていくので熱々をいただくことができます。

1個900ウォン、これがすごく美味しい♪

IMG_7204 (2).JPG

また少し進むと右手に「スターバックスコーヒー」仁寺洞店。

店名がアルファベットではなくハングルで表記されています。

自国語の看板を掲げたお店は世界でもここだけとか。

IMG_7199 (2).JPG

その並びにある大人気のお餅専門店「bizeun(ビジュン)」。

カフェも併設。

IMG_7203 (2).JPG

試しに3個買ってみました。

手前の「薬菓」(800ウォン)は小麦粉にゴマ油やハチミツを混ぜて揚げた韓国伝統菓子。

右上のお菓子も揚げ菓子。

左上の「黒ゴマチャルト」(1,300ウォン)はもち米で作った黒ゴマ入りお餅、
モチモチした食感が何とも言えない美味しさ♪

仁川空港にも支店があるようなので、
帰国時に仁川空港利用の場合は気に入ったお菓子をそちらで買うことができますね。

IMG_7232 (2).JPG

仁寺洞ギルのちょうど真ん中あたりに位置する「通仁カゲ」。

小物から家具など大物まで韓国伝統品がたくさん集められています。

3〜5階には窓がなく家具や骨董品が並べられています。

IMG_7200 (2).JPG

工事中の道をさらに先に進みます。

IMG_7201 (2).JPG

やっと着きました、「サムジキル」。

建物全体が緩やかなスロープになっていて中心は吹き抜け。

伝統品を現代風にアレンジした品を扱うショップも多く若者に人気があります。

IMG_7202 (2).JPG

もう少し進んで左側にある「ソドゥルネ」という小さな骨董店にも行きたかったのですが、
集合の時間まであと少しになってしまったので、急いで工事中の道を引き返しました。


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報





posted by 香遊&悠遊 at 21:07 | 東京 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

美食なソウル満喫旅行記★2日目〜1日市内観光〜(4)南大門市場

次は仁寺洞(インサドン)に向かいますが、
急遽予定にはなかった南大門(ナンデムン)市場に立ち寄ることに。

途中、昨日行ったロッテマートの隣に「旧ソウル駅」が見えました。

IMG_7188 (2).JPG


李氏朝鮮時代ソウルを取り囲んだ城壁の、
東西南北に設けられた大門のうちのひとつである南大門(正式名は崇礼門)。

2008年に消失してしまい、2012年に復元予定。

IMG_7190 (2).JPG

IMG_7196 (2).JPG

東大門(トンデムン)市場と人気を2分するこちらの市場は、600年の歴史を誇るソウル最古の市場。

IMG_7191 (2).JPG

2,000坪という広大な敷地に10,000軒以上もの店舗がひしめきあっています。 

IMG_7193 (2).JPG

IMG_7194 (2).JPG

工事中の場所が多く、この敷物がいたるところに敷かれていました。

IMG_7192 (2).JPG


交差点で停車中のリンゴを積んだトラックから素早くリンゴを買うたくましいアジュンマ。

IMG_7195 (2).JPG


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報




posted by 香遊&悠遊 at 10:09 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月09日

美食なソウル満喫旅行記★2日目〜1日市内観光〜(3)漢江クルーズ

次は、漢江クルーズのため汝矣島にある遊覧船船着場へ。

IMG_7172 (2).JPG

レストランや売店もあります。

IMG_7174 (2).JPG

約1時間のコース(汝矣島→楊花→汝矣島)(11,000ウォン)で、夏は1時間間隔で出航しています。

汝矣島は漢江に浮かぶ人工の中州で、国会議事堂やテレビ局などが建ち並んでいます。

日本のNHKにあたる韓国の国営テレビ「KBS」もこちらにあります。


いよいよ出発、「Nソウル・タワー」が見えます。

IMG_7175 (2).JPG

楊花(ヤンファ)船着場に1度停まり、ここから乗船してくる人も。

IMG_7176 (2).JPG

緑の丸いドーム屋根は「国会議事堂」。

IMG_7177 (2).JPG

甲板にはハート形の電飾がありました。

IMG_7184 (2).JPG

汝矣島側の川沿いにはずっと漢江市民公園が広がっており、市民の憩いの場となっている様子。
 


汝矣島の船着場に戻ってきました。

出航した船着場とは100mほど離れた所にあります。

IMG_7185 (2).JPG

そばに建つ金色に輝く「大韓生命63ビル」(通称ゴールデンタワー)、地上60階建て。

展望台、水族館、映画館なども入っています。

IMG_7186 (2).JPG


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報




posted by 香遊&悠遊 at 21:22 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

美食なソウル満喫旅行記★2日目〜1日市内観光〜(2)宋廟

次は世界遺産の「宋廟」へ向かいます。

さてもしも旅行中パスポートを紛失して再発行が必要になってしまったら?・・・

ツアーの場合は旅行会社が助けてくれると思いますが、個人旅行のときは困ってしまいますね。

そんなときのためにこの鍾路(チョンノ)にある「利馬ビル」を覚えておくと安心かもしれません♪

こちらのビルの7階に「日本国大使館領事部」が入っています。

IMG_7156 (2).JPG


宋廟の正門(外大門)です。

IMG_7164 (2).JPG

入場料は1,000ウォン。

IMG_7506 (2).JPG

観覧時間は9時〜18時(11月〜2月は17時30分まで)、景福宮と同じく毎週火曜日が定休日です。

20ページにわたる日本語の立派なパンフレットがあります。

IMG_7507 (2).JPG

外大門をくぐるとすぐに粗い薄石が、中央は少し高く両側は低く3本道で敷かれています。

これは神路といい、宋廟祭礼の儀式のために作ったもので先祖だけが通る道です。

中央の道は魂霊が通る神路と祭祀の礼物が往来する香路とで、神香路。

右側は王が通る御路。

左側は王世子が通る世子路です。

わざわざ粗い石を敷いた理由は、
王をはじめとした祭祀に参加する祭官たちが軽薄に早く歩かないようにするためだそうです。

この3本道を踏まないように歩いて、正殿へと向かいます。

ここはさっきより緑が多く涼しくて歩きやすい場所です。

IMG_7158 (2).JPG

宋廟の中心となる建物、正殿。

道徳に適った政治を行ったとされる19人の王とその王妃の位牌、計49位が19室に安置されています。

第1室である西側の最初の間に太祖の位牌が祀られています。

IMG_7159 (2).JPG

王家の先祖と子孫が共に永く平安であるようにという意味が込められた、永寧殿。

追尊された王と王妃や正殿から移された位牌などを祀る別廟です。

計34位が16室に安置されています。

IMG_7161 (2).JPG

正殿と永寧殿の前に広がっている台を月台、月台のある空間を廟庭と呼びます。

月台は上月台と下月台に分かれ、建物は上月台の北側に設置された基壇の上に建てられています。


次は昼食のため漢南(ハンナム)駅近くのビルへ。

地下1階には「EVE火汗蒸幕」が入っています。

まず3階の小さな観光ショッピングセンターへ案内されました。

韓国の伝統的な宮中菓子「クルタレ」(別名龍のひげ)の実演販売がありました。

ハチミツを主原料にした細い糸状のものを束ね、
中に松の実、クルミ、アーモンド、黒ごま、きな粉、落花生などを砕いて作ったあんを包んだもの。

あっという間に16,384本の糸が出来上がる、まさに職人芸。

甘すぎずサクサクして美味しい。

IMG_7165 (2).JPG

買わないとまだまだ昼食にありつけそうもないので2箱購入。

1箱(10個入り)8,000ウォン。

明洞や仁寺洞などの街中で買ったほうが安いです。

IMG_7330 (2).JPG

1階の食堂「金剛山」へ。

こちらも団体観光客向けの食堂です。

IMG_7171 (2).JPG

IMG_7168 (2).JPG

石焼ビビンバ、お値段を見たら7,000ウォンでした。

味が薄いのでコチュジャンを足して食べました。

IMG_7167 (2).JPG

IMG_7170 (2).JPG


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報




posted by 香遊&悠遊 at 21:57 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

美食なソウル満喫旅行記★2日目〜1日市内観光〜(1)景福宮

朝9時少し前にロビーに行くと、ちょうどコンシェルジュさんがいらしたので、
「今のお部屋はすぐ下に大きな屋根が広がっていてプールがよく見えないのです。
全部で3泊するので1泊だけでも同ランクでプールの見える部屋に変更してもらえませんか?」
という主旨の話をすると、
「実は昨日も今日も満室です。明日でしたら大丈夫です。」
といううれしいお返事。

ということで、最後の1泊は眺めのよい部屋に変更していただけそうです♪


9時になるとガイドさんが車で迎えに来てくださいました。

今日は私たちのほかに1組のご夫婦だけです。

お迎えの車で梨泰院(イテウォン)にある「韓一会館」という日本人団体観光客向け大型食堂へ。

IMG_7127 (2).JPG

卵焼き、キムチ、ナムル、海苔など数種類のおかずとご飯とスープの韓国版朝定食でした。

IMG_7126 (2).JPG

IMG_7125 (2).JPG


朝食の後は「景福宮」の敷地内にある「国立民俗博物館」を目指します。

途中、1930年に日本の三越百貨店の支店として開店した「新世界百貨店」を見つけました。

現在はサムソングループが経営を引き継いでいます。

IMG_7129 (2).JPG

道路をはさんで反対側には日本銀行に似た建物の「韓国銀行」があります。

夜はライトアップされてとてもきれいだそう。

IMG_7130 (2).JPG

さらに進むと道路わきには噴水とよく手入れされた花壇が点在。

このあたりは市民の憩いの場になっている様子。

IMG_7132 (2).JPG

IMG_7133 (2).JPG

IMG_7135 (2).JPG

伝統的な建築様式の大統領官邸であるブルーハウス「青瓦台」の前を車で通り過ぎます。


国立民俗博物館に到着。

ここは韓国の伝統的な生活や文化を総合的に学ぶことができる場所です。

IMG_7136 (2).JPG

入場料3,000ウォン、このチケットで同じ敷地内の景福宮も見学することができます。

観覧時間は9時〜18時(11月〜2月は17時まで)、毎週火曜日が定休日です。

IMG_7505 (2).JPG

済州島の石を使ってつくられた石像は村の守り神だそうです。

IMG_7139 (2).JPG

五重塔を模したユニークな建物。

第1展示館(漢民族の生活史)、第2展示館(韓国人の日常)、
第3展示館(韓国人の一生)の3つの常設展示館があります。

等身大の人形を使って民具や衣装の実物も展示。

IMG_7137 (2).JPG


敷地内を歩いて景福宮の方へ移動します。

景福宮は、朝鮮の創始者である李成桂が高麗の首都を移転した際、
新しい王朝の宮殿として1395年に建てた李朝の正宮です。

「交泰殿」、王妃の寝殿。

IMG_7141 (2).JPG

「康寧殿」、王の寝殿。

IMG_7144 (2).JPG

「思政殿」、王が日常的な業務を処理していた執務室。

IMG_7148 (2).JPG

「千秋殿」、思政殿の西側にある便殿。

IMG_7147 (2).JPG

「勤政殿」、民を勤勉に治めるという意味の正殿。

国家の正式な行事が行われたところ。

IMG_7150 (2).JPG

「チャプサン(雑像)」という屋根の上に置かれている像。

厄除けの意味があるそう。

IMG_7145 (2).JPG

興礼門前広場で行われている守門将交代儀式。

李朝時代に王宮の警備を担当していた守門将の交代儀式を再現。

IMG_7155 (2).JPG

岩山の多い韓国。

日本は木の文化ですが、韓国は石の文化です。

IMG_7149 (2).JPG


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報



posted by 香遊&悠遊 at 16:11 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

美食なソウル満喫旅行記★1日目(7)ロッテマート

ソウル駅の「ロッテマート」まで12,000ウォンかかりました。

IMG_7113 (2).JPG

まずロッテマートの2階から外へ出てデッキを通って新ソウル駅を見に行きました。

とても天井が高く新しくて都会的な駅でした。

200mほどの距離でしたが、ホームレスらしき人がいて怖いので夜はやめたほうがよいようです。

IMG_7114 (2).JPG


ロッテマートに戻り、まず100ウォン入れてカートを借ります。

このお金はカートを返すと戻ってきます。

IMG_7115 (2).JPG

あらかじめプリントアウトして用意しておいた写真付きの紙を見ながら買物を開始。

それでも1時間以上かかったので時間に余裕を持って行ったほうが良さそうです。

「日本人観光客に人気のある商品を集めたコーナー」というのがあるので、
その中から選ぶと時間の短縮になりそうです。

夜10時ちかいというのに店内は混雑していました。

食料品のほか、日用雑貨、衣料品なども揃う大型スーパーです。

IMG_7117 (2).JPG

IMG_7116 (2).JPG

結局会計を終えたのが23時20分。

ロッテマートソウル駅店の営業時間は10時から24時までです。

ビニール袋代が1枚50ウォンかかりますが大きくて質も良いです。

かなりの量入りますが自分で袋を持参してもよいでしょう。

私は中くらいの大きさの袋を2枚持参し、1枚だけ買いました。

無料のダンボール箱に梱包してインフォメーションコーナーで、
日本にEMS(国際スピード郵便)で送ることもできます(送料2,000円くらい)。


以下が購入した品々です。

● トッポギ味のスナック(3袋セット1,970ウォン)

甘辛くてポリポリした食感。

IMG_7320 (2).JPG

IMG_7394 (2).JPG


● ホットクの素(540g3,150ウォン)

いくつかのメーカーの商品がありましたがなじみのある「オットギ」を選びました。

IMG_7309 (2).JPG

ドライイーストも付いてかなり本格派、10個分。

IMG_7419 (2).JPG

簡単に作り方を説明します。

(1)ボールにお湯(40〜45℃)を260ml入れ、付属のイーストをふり入れ溶かします。
(2)(1)にミックス粉を入れ、5分ほど混ぜます。
(3)生地をひとまとめにしラップをして30分発酵させた後、ガス抜きをします。
(4)サラダ油をつけた手のひらの上に生地を広げ、付属の蜜パウダーを大さじ1杯のせて包みます。
(5)フライパンに多めのサラダ油を熱し、とじ目を下にして弱火で焼きます。1〜2分焼いたらフライ返しでひっくり返し、押し付けて平らにしてからもう1〜2分焼きます。キツネ色にこんがり焼けたら、出来上がりです。*実際には全部で5分くらい焼いたほうが焦げ目も付いていい感じです。

出来立てはかなりの美味しさ♪
  

IMG_7420 (2).JPG


● 宇成生岩のり(9,900ウォン)

韓国国内でも有名な海苔の産地である新安郡産の海苔に、ごま油を塗り粗塩で味付け。

缶入りで保存しやすいファミリーサイズ。

IMG_7323 (2).JPG


● ブラックペッパーパウダー(1,830ウォン)

なぜか唐辛子じゃなくてコショー(笑)

IMG_7324 (2).JPG


● マーケットオー ベークドポテトフロマージュ(2,000ウォン)

チーズ風味の厚焼きポテト。

IMG_7325 (2).JPG

ひと袋しか入っていないので、自宅用なら箱から出して持ち帰るとかさばらないと思います。

IMG_7390 (2).JPG


● マーケットオー ブラウニー(2,400ウォン)

チョコチップ入りのブラウニー。

IMG_7326 (2).JPG

個包装で4袋入り。

IMG_7391 (2).JPG

少し温めて食べても美味しい。

IMG_7418 (2).JPG


● オリオン 生フラボノガム(3個セット980ウォン)

日本のものより香りが強いです。

IMG_7380 (2).JPG

IMG_7421 (2).JPG


● クラウン クリーミーバターサンドクラッカー(3箱セット1,970ウォン)

1箱3袋入で1袋4個入。

「字が虫に似ているのがちょっと・・・」と子どもが言ってましたが、味は美味しいです(笑)

IMG_7327 (2).JPG

IMG_7500 (2).JPG


● クラウン ワッフル(3,980ウォン)

1箱12袋入で1袋3枚入。

バターたっぷり風味の食べ応えのあるクッキー。

IMG_7332 (2).JPG

IMG_7398 (2).JPG


● ヘバラギ(90g入り1,580ウォン)

ヒマワリの種をチョコレートでコーティング。

心地良い歯ざわりで食べだすと止まりません。

IMG_7417 (2).JPG


● コレパプ(2箱セット970ウォン)

「鯨のご飯」という意味のコレパプ、「おっとっと」そっくり。

IMG_7322 (2).JPG

箱の内側に書かれた4コママンガもかわいい。

IMG_7426 (2).JPG

IMG_7427 (2).JPG


● チューイングキャンディー(3個セット970ウォン)

青りんご味、1個10粒入り。

ハイチュウのグリーンアップル味に似ています。

IMG_7311 (2).JPG


● おこげキャンディー(2,450ウォン)

香ばしい味で年配の方にとくに人気。

IMG_7310 (2).JPG

IMG_7395 (2).JPG


●五味子茶(3,280ウォン)

五味子(オミジャ)茶はその名の通り、
甘味、酸味、苦味、辛味、塩味の5つの味がするといわれているお茶。

ほんのり甘くて酸っぱい味がします。

透き通ったきれいな赤い色をしています。

IMG_7321 (2).JPG


複数個買ったものもありますが合計金額は46,420ウォンでした。

後日カードの請求金額を見ると3,531円でした、驚きの安さです〜♪


タクシーを降りた場所でタクシーをつかまえようとしますが、
時間が悪いのか空車のタクシーがなかなか見つかりません。

約15分後にやっと見つけて「ハイアット カ ジュセヨ!」と言って乗りこんだのでした。

ホテルまで7,100ウォンでした。


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報



posted by 香遊&悠遊 at 10:45 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

美食なソウル満喫旅行記★1日目(6)狎鴎亭

狎鴎亭駅の2番出口を出て、狎鴎亭路をギャラリア百貨店方面に向かいます。

途中韓国版マツキヨ、「オリーブ・ヤング」を見つけたので入ってみることに。

日本の商品が思った以上にたくさん置いてありました。

IMG_7092 (2).JPG

ここで韓国のコンビニではピングレのバナナ牛乳に次いでよく売れるという「ビタ500」(550ウォン)と、
ちょうど女性が買っているところを見たので「黒豆豆乳」(1400ウォン)らしきものを購入。

袋に入れてくれなかったので、そのままバッグに入れて持ち帰りました。

ビタ500は飲むビタミンCの宣伝文句通り健康ドリンクの味、
黒豆豆乳らしきものはほんのり甘くて飲みやすい豆乳でした。

IMG_7118 (2).JPG

IMG_7119 (2).JPG


1kmほど歩いたところ(ギャラリア百貨店より約200m手前)を右に入ると「ロデオ通り」です。

3本目の通りをちょっと左に入った右手のビルの地下に「ペッコドン」がありました。

着いたのは19時半頃で地元の人で混んでいましたが、待つことなく入ることができました。

IMG_7499 (2).JPG

お目当ては東方神起、シン・スンフン、ソン・ユナなどの韓流スターも大好物という、
「タコのプルコギ」(9,500ウォン)。

ごま油とコチュジャンで味付けしたタコと野菜を鉄板で炒めた、高たんぱくで低カロリーのお料理です。

タコのプルコギ2人前と、
あとで「ポックンパ(炒めご飯)」にしてもらうためのご飯(1,000ウォン)を1つ注文。

IMG_7094 (2).JPG

キャベツのサラダ、白菜キムチ、水キムチ、ワカメの酢の物、らっきょうなどがまず出されます。

このときキャベツのサラダを早々と完食してしまったのが不幸の始まりでした。

IMG_7095 (2).JPG

プルコギは美味しいのだけれど、ホントに辛い!

がんばって3分の2くらい食べ終わった頃隣のテーブルを見ると、
どうやらサラダの上にいちどのせて少し辛味を落としてから食べている模様。

店員さんが2回も「サラダのおかわりは?」と言ってくれたのに、
断ってしまったことをその時後悔しました。

IMG_7097 (2).JPG

韓国のり入りのポックンパは残ったタレで店員さんがつくってくれます。

辛さもほどよくとても美味しいのでご飯は必ず注文しましょう。

IMG_7099 (2).JPG


ロデオ通りを少し歩いてみます。
  
IMG_7100 (2).JPG

IMG_7101 (2).JPG

IMG_7105 (2).JPG

途中にある、韓国ドラマ「天国の階段」で有名になったカフェ「パスクッチ」。

IMG_7102 (2).JPG

1階入口右手の窓際席が撮影で使われた席。

窓ガラスにもちゃんと書いてありました。

IMG_7104 (2).JPG

高級デパートの「ギャラリア百貨店」名品館WESTとEAST。

普段は20時閉店ですが金曜日から日曜日は20時半まで開いています。

IMG_7108 (2).JPG

IMG_7107 (2).JPG


ロデオ通りに入るとき見つけておいたイタリアンジェラートのお店「グスティモ」まで、
狎鴎亭路を戻ります。

グスティモは明洞店もあります。

IMG_7112 (2).JPG

一番小さなサイズ「ピッコロ」(4,000ウォン)は3種類のジェラートを選べて、
コーンもカップも同じお値段でした。

マンゴーとココナッツとミルク味をセレクト。

味も良く店内もお洒落できれいな、おススメのお店です。

IMG_7112 (2).JPG


狎鴎亭路で手をあげて流しの一般タクシーを停め、
乗る前に「ロッテマート カ ジュセヨ」と大きな声で言うと運転手さんがうなずいたので乗り込みます。

「ワールド店か?」と聞かれたので、
「ソウルステーション!」と言いながらホテルで書いてもらったタクシーカードを見せると発車しました。

どうやらワールド店の方が近いので聞いてくれたようです。


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報



posted by 香遊&悠遊 at 15:08 | 東京 ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

美食なソウル満喫旅行記★1日目(5)スパ・レイ

ホテルから「スパ・レイ」まで10分くらいで到着、料金は4,000ウォンでした。

タクシーの運転手さんに「スパ・レイ」と言ってもわからない場合は、
「リバーサイドホテル」というとすぐにわかるそうですよ。

「スパ・レイ」はこのホテルの向かい側にあります。

IMG_7084 (2).JPG

案内に従って地下に下りて行きます。

IMG_7085 (2).JPG

入口で靴を脱いでシューズボックスに入れ鍵を持って、
受付で「先ほどホテルから予約を入れてもらいました。」と伝えます。

入場料12,000ウォン2人分とアカスリ30,000ウォン1人分で、
合計54,000ウォンをクレジットカードで支払いました。

帰国後カードの明細書を確認したら4,149円でした。

日本人には基本コースとして用意されている、
顔パックなどもセットになった120,000ウォンのコースを勧められると、
あらかじめ情報収集していたのですが、今回はそんなことはありませんでした。

ロッカーの鍵、ガウンと浴用タオル2枚を受け取ります。

バスタオルはありません。

IMG_7086 (2).JPG


ロッカーでガウンに着替え、タオルを1枚持ってまずはエレベーターで3階に上がってみました。

IMG_7087 (2).JPG

屋外テラスやレストラン、露天風呂もどきのお風呂などがありました。

IMG_7088 (2).JPG

IMG_7089 (2).JPG

下の階に戻りアカスリの場所を確認し、
お風呂やいくつかのサウナに入って、アカスリをしやすいよう皮膚をふやかしておきます。

「汗蒸幕は内部が約100℃あるので麻布を被らないと暑くて息もできない」と聞かされていたので、
麻布を手にドキドキしながら汗蒸幕に初挑戦。

でもこちらの汗蒸幕はそこまで温度が高くないのか誰も被っている人はいなかったので、
床に敷いて使いました。

そばには大量の卵が置いてあり、ゆで卵を作っていました。

休憩室や映画鑑賞室、ヨモギ蒸しルーム、マッサージルームなどもありました。


アカスリの時間になったので浴場の一角にあるアカスリコーナーへ。

この日は空いていたようでこの時間は私ひとり。

おきまりの黒いランジェリー姿のアジュンマ(おばちゃん)が、
「横に〜」とか「下に〜」とか言いながら全身を丁寧にアカスリしてくれます。

アカスリが終わると顔を洗ってくれ、シャンプーもしてくれました。

気になっていたヒジ・ヒザ・かかとの角質もとれてツルツルに!

全部で30分くらいかかりました。

浴場にはシャンプーとリンス、石けんが置いてあり、
持参のアカスリタオルでアカスリをしている人もいました。

浴場の入口には、噂通り歯みがき粉と塩が置いてありました。

パウダールームには冷水機、無料のドライヤー、化粧水・乳液などが用意されています。

ヘアブラシもありましたが、
日本のように使用済みと分けてあったり殺菌してあったりするのではなく、
使用済みのブラシが置いてあるだけです(苦笑)

結論として、髪の長い人は髪の毛を束ねるゴムと、
簡単な化粧品とヘアケア用品は持って行ったほうが良さそうです。

そうでないと私のように、スッピンのパサパサ髪でお洒落なロデオ通りをうろつくことになりかねません。

夜だったので少しは救われましたが・・・



狎鴎亭洞の「ペッコドン」でご飯を食べる予定ですが、
道路が渋滞しているのでタクシーではなく地下鉄で行くことにして、
新沙(シンサ)駅まで5分ほど歩きます。

途中ファミリーマートで、韓国で大人気の飲み物「ピングレ」の「バナナ牛乳」を買って飲みました。

IMG_7241 (2).JPG

IMG_7090 (2).JPG

地下鉄3号線で新沙駅から狎鴎亭駅まで行きたいのですが、
切符の買い方がわからなかったで駅員さんにお願いして買ってもらいました。

IMG_7403 (2).JPG

新沙駅でこのカードを改札にピッとかざしてレバーを押して通ります。

電車に1駅乗り狎鴎亭駅で降り、また同じようにカードを改札にピッとかざして通り抜けました。

新沙駅は路線は3号線だけなので、
案内板の漢字表示と矢印を頼りに迷うことなくたどり着くことができました。

カードは回収されなかったので自宅まで持ち帰ってきてしまいました。

後で調べると、使用後改札口付近にある払い戻し機にカードを挿入すれば、
500ウォンが戻ってくるシステムになっているようです。

実はカード購入時に保証金として500ウォン払っていたみたいです。

地下鉄の初乗りが1,000ウォンなので1人あたり1,500ウォン払っていたようなのですが、
混雑したなか急いでいたので金額を覚えていないのです。

今年の5月から森林資源保護のため従来の紙の切符にかわり、
回収再利用が可能なこの「1回用交通カード」が登場したようです。

駅員さん、教えてくれればいいのに〜


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報




posted by 香遊&悠遊 at 09:26 | 東京 🌁 | Comment(1) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

美食なソウル満喫旅行記★1日目(4)グランド・ハイアット・ソウル@

宿泊したのは、喧騒から離れた南山の高台にある「グランド・ハイアット・ソウル」。

IMG_7228 (2).JPG

韓国では国花であるムクゲの数でホテルの等級を区分しますが、
ムクゲ5個が最高レベルの「特1級」ホテルです。

IMG_7229 (2).JPG

ロビーは重厚感があり、落ち着いた優雅な雰囲気。

IMG_7063 (2).JPG

ガイドさんがチェックインの手続きをしてくださり、
明日は朝9時にロビーで待ち合わせということでお別れしました。



案内されたのは、5階のリバービューのツインの禁煙ルーム。

反対の山側のお部屋よりこちら漢江の見えるお部屋の方が人気があるそうです。

漢江や江南(カンナム)の方まで見渡せますが、
すぐ下に広がっている大きな屋根が邪魔になりプールはほんの少ししか見えません。

IMG_7074 (2).JPG

IMG_7075 (2).JPG

IMG_7076 (2).JPG

スタンダードルームなので狭いですが、
ガラスが多用されているので圧迫感はあまり感じませんでした。

ただ、隣の部屋の中国人らしき男性の話し声がたまに聞こえてきたりしました。

エアコンの効きはとても良かったです。

IMG_7072 (2).JPG

IMG_7073 (2).JPG

バスルームには、ドライヤー、シャンプー・コンディショナー、ボディソープ、ボディローション、
ボディスポンジ、石けん、コットン、綿棒、コーム、シャワーキャップ、ソーイングセット、
シャワーキャップなどアメニティも充実。

IMG_7065 (2).JPG

バスタブもありました。

IMG_7071 (2).JPG

ちなみにバスタオルは超ビッグサイズで、
シャワーのあと頭に巻いたら結婚式の時のかつらくらい重くてびっくり〜。

IMG_7066 (2).JPG

トイレは温水洗浄便座ではなくウォーマー機能も付いていなかったので、
余計なお世話ですが冬は冷たそう。

そして注意すべきは歯磨きセットがないこと!韓国のホテルはたいてい置いていないそうです。

なので、スナック類に混じって歯ブラシ売ってました〜。

IMG_7078 (2).JPG

高級ホテルにつきもののバスローブとスリッパ。

IMG_7068 (2).JPG

IMG_7069 (2).JPG

ミネラルウォーターのサービスもありました。
  
IMG_7077 (2).JPG

IMG_7079 (2).JPG

IMG_7080 (2).JPG

韓国の電圧は220V、プラグはC型と呼ばれる丸型の2つ穴が一般的。

高速インターネット回線の利用も可能です。
 
IMG_7083 (2).JPG

変圧器をホテルからお借りし、持参したくるくるドライヤーとデジカメの充電に使用。

IMG_7067 (2).JPG

 

この日はこれから江南にある「スパ・レイ」(24時間営業)と狎鴎亭(アックジョン)洞と、
ソウル駅にある「ロッテマート」に行く予定。

スパ・レイは、「まっぷるソウル」の「おすすめのチムジルバン」のなかで唯一、
女性専用として紹介されている所です。

韓国は時差がないので体が楽です。

16時頃ロビーに下りて行きコンシェルジュさんに、
「江南にあるスパ・レイに行きたいのですがアカスリは予約なしでも大丈夫ですか?」とお聞きしたら、
すぐにスパ・レイに電話をして17時20分の予約を取ってくださいました。

そしてソウル駅にあるロッテマートに行くために、
タクシーカード(タクシーの運転手さんに行き先を見せるためのカード)も書いてもらいました。

コンシェルジュさんは日本語が堪能です。

ホテルのエントランスを出て、外にいるホテルマンに地図を見せ「スパ・レイに行きたいです。」というと、
待機中のタクシーを呼んで運転手さんに説明してくれました。


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報




posted by 香遊&悠遊 at 10:02 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

美食なソウル満喫旅行記★1日目(3)ロッテ免税店本店

お迎えの車で、ソウル中心部明洞(ミョンドン)にある「ロッテ免税店」本店に向かいます。

私たちのほか、1組のご夫婦と1組の親子が一緒です。

漢江沿いの高速道路を走り、汝矣島(ヨイド)の国会議事堂のあたりで高速を降り漢江を渡ります。

IMG_7056 (2).JPG

IMG_7057 (2).JPG

IMG_7059 (2).JPG

車の中でパスポートをガイドさんに渡し、
「特典付きソウル市内免税店共通使用券」というカードを作成してもらいました。

このカードには、名前、生年月日、パスポート番号、帰国便の日時・便名などが書かれていて、
免税品店で買物する時には必ずこのカードの提示を求められました。

免税店では支払いにクレジットカード、ウォンはもちろん日本円、米ドルも利用可能です。



途中少し渋滞したものの約1時間でロッテ百貨店本店に到着しました。

免税店はこのデパートの9・10階にあります。

IMG_7242 (2).JPG

エレベーターで10階に上がるとインフォメーションがあり、
そこで1時間後に待ち合わせということになりました。

10階は「シャネル」、「ルイ・ヴィトン」などの高級ブランドのブティックが集まっています。

エスカレーターで9階に下りると化粧品の売り場がありました。

「ラ・メール」で「クレーム ドゥ・ラ・メール」の30mlサイズが、
日本円で約11,700円で売られていました。

迷いましたが、結局今回の旅行では購入しませんでした。

韓国コスメは、高級ブランド以外は「ザ・エチュード・ハウス」、「ミーシャ」などが少しだけ入っています。

エスカレーターで11階に上がりヨーグルトアイスで有名な「レッドマンゴー」へ。

IMG_7061 (2).JPG

「ヨーグルトピンス」のスモールサイズ(5,500ウォン)を注文。

IMG_7060 (2).JPG

トッピングが4種類選べるので、
人気のブルーベリーソース、ストロベリーソース、もち、アーモンドをチョイス。

その後11階のレストラン街をひとまわりし、
エスカレーター近くの冷麺のお店が行列していることをチェック。

そう、このお店が「ニッコリア」でチラッと紹介されていた、
フェネンミョン(刺身冷麺)がおススメの「ユウォンジョン」です。

12階に上がるとそこもレストラン街ですが、天井が高く開放的な雰囲気。

IMG_7062 (2).JPG

14階の「TEA LOFT」というヨン様の座った席があるカフェへは、
この12階から専用のエレベーターで行くことができます。

この日は平日でしたが、地元の人や日本人観光客などでロッテ百貨店はとても混雑していました。

インフォメーションに戻り免税店をあとにし、それぞれのホテルまで送っていただきます。


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報




posted by 香遊&悠遊 at 09:26 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

美食なソウル満喫旅行記★1日目(2)金浦空港到着

飛行機を降りると金浦空港の3階に着きます。

2階に下り、検疫、入国審査、手荷物検査を受け1階に下ります。

機内預けの荷物(スーツケース)を受け取り、税関を通り外に出ることができます。


ハナ銀行金浦空港両替所の手数料優待クーポンを「コネスト」で見つけ、
プリントアウトして持っていきました。

空港内にある「ハナ銀行」で日本円30,000円とクーポンを差し出すと、
こちらの封筒をさっと渡してくれました。
 
IMG_7402 (2).JPG

封筒の中には392,856ウォン入っていました。

市場ではまだあまり見かけない50,000ウォン札も含まれていました。

このお札は、タクシーの支払いなどでは断られることもあるので注意してください。

1,000ドル(約10万円)以上の両替はパスポートの提示が必要です。


現地のガイドさんが出迎えてくださいました。
 
IMG_7055 (2).JPG


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報





posted by 香遊&悠遊 at 21:10 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月30日

美食なソウル満喫旅行記★1日目(1)羽田空港出発

羽田空港国際線ターミナルからソウルの金浦空港へ、ANAの午前便で出発予定。

IMG_7040 (2).JPG

国際線ターミナルへは、第1ターミナルと第2ターミナルと国際線ターミナル間を巡回する、
無料連絡バスに乗って行くことができます。

IMG_7039 (2).JPG

申し込みのコースはANAカウンターで直接搭乗手続きが可能な、
ダイレクトチェックインのコースとなっています。

搭乗便出発時刻の1時間前までに自分で搭乗手続きを済ませなければなりません。

座席を窓側から2つ並んで確保したいこともあり、出発時刻の2時間前に到着。

パスポート、電子航空券(eチケット)控え、ANAマイレージクラブカードを提示し、
チェックインを済ませます。

機内預けの荷物としてスーツケースをお願いし、クレーム・タグ(預り証)を受け取ります。

これは万が一荷物が紛失した時の証明書になります。

座席も無事窓際から並んで確保することができました。


少し時間があったので、無料連絡バスに乗り第1ターミナルへ。

朝早いので、まだ開いていないお店もたくさんありました。

東京では秋葉原と羽田空港にしかない「丸福珈琲店」で、
スイーツ一番人気のラスク(ファミリータイプ357円)を購入して軽い朝食にしました。

IMG_7038 (2).JPG

出発の1時間前に近づいてきたので、再び無料連絡バスに乗り国際線ターミナルに戻りました。


ペットボトルの飲料を持っていたので、捨ててから手荷物検査を受けます。

万が一のために数日分の身の回り品(洗面用具、下着類)や常備薬などは、
機内手荷物にしたほうがよいとされています。

その後、外国製品を持っている人は、
「外国製品の持出し届」に記入し現品を添えて承認印をもらう税関を過ぎ、
出国審査を通り、エスカレーターで2階へ上がります。

搭乗案内まで、化粧品をチェックしたり小さな本屋さんで本を見たりして時間をつぶします。

IMG_7041 (2).JPG

出発時刻の30分ほど前に搭乗案内があり、
ビジネスクラスとスターアライアンス・ゴールド・メンバーの人たちが先に搭乗。

エコノミークラスのほうはというと、長蛇の列です。


補助エンジンのトラブルで、9時20分出発予定が少し遅れて出発。

IMG_7047 (2).JPG

お茶やオレンジジュースなどの飲み物のサービスの後、機内食が運ばれてきます。

メニューは、冷たいジャージャー麺、温かいとりのから揚げ、海老のサラダ、
デザートの北海道プリン、お煎餅とプレッツェルの入ったおつまみパック。

IMG_7048 (2).JPG

IMG_7049 (2).JPG

機内で入国カードと税関申告書を書いて用意しておきます。

税関申告書は家族で入国の場合、代表者1名の申告でOKです。


そうこうしているうちに飛行機は韓国の上空へ。

IMG_7051 (2).JPG

IMG_7053 (2).JPG

11時40分到着予定が少し遅れて到着。

通常約2時間20分の飛行時間です。


(注)この旅行記は2009年8月下旬のものです。


丸福珈琲店 ラスク


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報





posted by 香遊&悠遊 at 10:48 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

美食なソウル満喫旅行記★巨牛荘 プルコギ&ケジャン

ホント〜に遅くなってしまいましたが8月の終わりに行った『ソウル』、
徐々に載せていきたいと思います。

海外旅行が初めてという方にも分かりやすいように、
かなり詳しく書いたつもりですので、どうぞよろしくお願いします♪


ANAマイレージクラブ会員限定ツアーの「ソウル満喫4日間グランドハイアット」、
キャンセル待ちのものが、出発の9日前に突如予約がとれました。

あわてて、ガイドブック「まっぷるソウル」とインターネットを駆使して情報収集。

いつもは買わない女性誌「マリソル」も、
「食べる韓国2泊3日完全ナビ」というポケットガイドが付いていたので購入。

さらに出発3日前、週刊誌「女性自身」に、
「韓流STARが通う夏バテ解消ソウル行きつけ店」というページがあるのを発見し購入。

まっぷるソウルに付いていた、
とりはずして使える「ソウル街歩きMAP」は今回の旅行にとても役立ちました♪

お目当てのお店に印を付け営業時間を書き、
お店が載っていない場合は自分で書き込んでおきました。

購入予定の化粧品や食品は、
インターネットから写真付きのページを印刷してホチキスで留め持ち歩きました。

ただ、食品はパッケージを変更しているものもいくつかあり、自分では見つけられないことも。

そんなときはお店の人に聞くとすぐに分かりました。

IMG_7498 (2).JPG

 

出発の4日前には韓国料理慣らし目的(?)で、
看板商品の「プルコギ」と「ケジャン」をめざして千代田区三番町にある「巨牛荘」へ。

IMG_7015 (2).JPG

プルコギ、ナムル、チョレギサラダ、スープ、ご飯、うどんという内容の、
「とくとくセット」(一人前1,980円)(二人前より注文可)と人気の「ケジャン」(2,700円)を注文。

少々お値段の張るケジャンは手が汚れるし食べにくいし味も濃いです。

でも、その生のトロトロとした食感はハマるので、是非一度はご賞味ください。

IMG_7017 (2).JPG

チョレギサラダはちぎったサニーレタスをドレッシングで和え、
きゅうり、ワカメ、パプリカが添えられたサラダ。

IMG_7019 (2).JPG

ナムルはもやし、ゼンマイ、ほうれん草の3種盛り。 

IMG_7018 (2).JPG

スープはワカメスープか玉子スープのどちらかを選ぶことができます。 

IMG_7020 (2).JPG

プルコギは、和牛カルビの薄切りを醤油ベースのタレに漬けこんだお料理で、
プルパンという専用の鉄板で焼いてキムチと一緒にサンチュに包んでいただきます。

IMG_7021 (2).JPG

IMG_7022 (2).JPG

プルパンの表面には溝があり、肉汁が伝わって鉄板の周囲に落ちて溜まる仕組みになっていて、
それが蒸発し焼いている肉を包み込むので柔らかく焼くことができるそうです。

食べた後は、溜まった肉汁にうどんをからめて焼きうどんに。

ケジャンに残ったたれも最後に加えて仕上げます。

店員さんが手際よく作ってくれました。

IMG_7025 (2).JPG

お肉の美味しさがたっぷりしみ込んだこのうどんはコクがあり癖になる味♪

口の肥えた芸能人もこのお店のファンになるのがうなずけます。


料理は大満足ですが、難点は設備の古さと悪さ。

換気が良くないので店内は煙が充満し、遠くの人の顔は見えません(苦笑)

臭いも付くので、お気に入りの一着はやめて普段着で行きましょう!

トイレに歯ブラシが置いてあるのが、女性には嬉しい心配りですね。

これで韓国料理の予習は終了!


では、いざ韓国へ〜〜


ANAの旅行サイト【ANA SKY WEB TOUR】韓国へのコース一覧
韓国


韓国食材


かわいいおいしいグルメ情報




posted by 香遊&悠遊 at 16:30 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | グルメ日記・ソウル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPへ戻る
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。